教えて先生!スーパー大麦バーリーマックスの秘密 腸の博士が語る 腸内フローラと食物繊維の関係

松井 輝明教授

快腸生活のカギは“腸の奥”まで食物繊維を届けること

松井 輝明教授

帝京平成大学 健康メディカル学部
健康栄養学科教授

腸内劣化が進み、体のトラブルを抱える人が増えています

腸は栄養や水分を吸収する大切な器官。働きものですがとても繊細です。お肉など脂肪分の多い食事をとりすぎたり、睡眠不足やストレスをためると、腸が炎症を起こし腸内の劣化が進みます。 腸には約1000兆個もの腸内細菌がすみつき、お花畑のように広がっており、このお花畑は「腸内フローラ」と呼ばれています。腸内フローラは、善玉菌、悪玉菌、日和見菌がお互いのなわばりを意識しながらバランスを保っていますが、腸内フローラの状態は日常生活のささいなことで変化します。
腸内フローラのバランスがくずれてしまい悪玉菌が優勢になると、悪玉菌からでる毒素が増え、腸の炎症の原因となります。また、腸内の劣化が進むと、頑固な便秘が続いたり、急な下痢や腹痛におそわれる(過敏性腸症候群という病気の特徴です)ことが知られています。腸内フローラの状態を悪いまま放置しておくと、腸の病気だけでなく代謝トラブル(肥満、冷え、血液ドロドロ)、肌トラブル(乾燥、しわ等)、風邪、花粉症など、様々な健康・美容トラブルを引き起こしやすくなると言われています。

美容・健康トラブルの根本原因は「腸の奥の劣化」

腸内フローラは小腸の下部から大腸全体に広がっています。大腸の長さは、およそ1.5メートルありますが、大腸の奥にいくほど数多くの腸内細菌がすみついていることが分かってきています。大腸の奥とは下行結腸、S状結腸、直腸のあたりをさします。 様々な健康・美容トラブルを引き起こす腸内劣化は、便が作られる大腸の奥で起こりやすいと考えられています。
善玉菌のエサとなる水溶性食物繊維の大部分は腸の入り口付近で発酵・分解されてしまうため、大腸の奥には少量しか届かず、大腸の奥の腸内環境がアルカリ性となりやすく悪玉菌が活性化します。悪玉菌が活性化すると、悪玉菌から出る毒素が腸の奥にたまり、腸内劣化を起こしやすくなるのです。
このようなことから、全身の健康・美容のために、“大腸の奥から環境を整える”ことがとても大切なのです。

善玉菌のエサになる食物繊維で腸内フローラの土壌を耕そう

腸の調子を整えるためにヨーグルトを食べるという方も多いのではないでしょうか。ヨーグルトなどを食べることにより外から善玉菌を腸内にとり入れることを「プロ・バイオティクス」と言います。ヨーグルトから何億個もの善玉菌をとり込むことができますが、善玉菌は胃酸や胆汁の影響により胃や小腸の上部で分解・吸収されてしまい、大腸まで届く菌の数はかなり減ってしまうことが知られています。そのため、ヨーグルトを食べるだけで大腸の奥を健康にすることは難しいのです。
一方、食物繊維を日常的にとることによって、腸内にすでに定着している善玉菌にエサを与え、善玉菌を活性化する「プレ・バイオティクス」が近年注目されています。善玉菌のエサとなる食物繊維は、「腸内フローラ」の土壌を耕す働きがあります。豊かな土壌のお花畑では、善玉菌が増え発酵を盛んにすることで短鎖脂肪酸という体に良い物質をたくさん産生します。腸内細菌が多くすむ腸の奥まで届く食物繊維を毎日の食事からとると、悪玉菌の働きが弱くなり腸内の劣化がおこりにくくなります。同時に善玉菌や生み出される短鎖脂肪酸により、全身の健康・美容への良い働きが期待できます。